医師の転職で必ず知っておきたいポイントをプロが教えます!

目次

序文

この記事は今の職場から別の職場へ転職をしたいと考えていたり、自身のキャリアのために新しい環境にチャレンジしたいと考えている医師のみなさんに向けた記事になります。

「とにかく今すぐ別の職場に転職したいから、もうどこでもいい」と思って、急いで転職をした結果、予期せぬ事態に陥ってしまい、再度転職をすることになったなんてこともよく耳にします。

日々の業務が忙しい中、転職活動も並行で動くとなると情報収集もしづらいため、ポイントを抑えておくかどうかでも転職のしやすさは、かなり変わってきます。

そんな人に転職活動で失敗をしないために必ず抑えておくべきポイントを解説つきで、お伝えしていこうと思います。

医師の転職の流れ

医師の転職の流れには大きく分けて2パターンあります。

①知人などを経由して転職先を紹介(推薦)してもらう

知人が勤めている病院を紹介してもらい転職するケースや、学会に参加している医師に自分自身でアプローチして転職先を探す方もいます。学会にはその道の権威の医師や、優秀な医師を採用したいと考える病院経営者の方も出席しています。そのため、専門性を極められる病院に勤めたいと考えている方には絶好の機会にもなります。

ただ、知人の紹介などでは何かあった時も相手のことを考えると辞めづらかったり、給与交渉などもしづらいなどの懸念点もあります。

②転職専門のエージェント会社を利用する

知人などを経由せずに転職活動をする際は、全てを自分自身でやらなくてはいけません。

転職活動をする方の多くは、働きつつ転職活動をする方が多いため、病院の情報収集や面接対策、面接の日程調整などを日常の業務と並行しなくてはいけません。

しかし、転職専門のエージェントを利用することで面倒な作業がなくなったり、非公開求人も知れるなど情報量が豊富になり、転職活動がスムーズに進んでいきます。また、転職活動をどのように進めていけばいいのか迷うこともなく進めることができます。

ただ、注意すべきは会社によっては強引に転職を進められ、望まない条件で転職をしたり、入職してからイメージと違ったと落胆することもあります。そのため、自分自身の考えと合うような会社を選んでいくことが重要となります。

医師の転職の流れの重要なポイント5選

では、いざ転職活動をしようと思ってもどのように進めていくべきか悩むこともありませんか?

医師が転職を進めていく上で、流れを理解して取り組むことが成功への近道にもなります。

そんな医師の転職の流れの中で注意しておくべき重要なポイント5選について紹介と解説をしていこうと思います。

①転職する際の重要な軸を決める

転職を検討する際には、様々な理由をもとに転職をする人がいます。

今よりも専門的な治療に取り組みたいと思い、スキルアップを狙うもの、年収を上げていきたい、休みやプライベートを充実させるために時間を確保することなど人によって転職を考える理由は異なります。

ただ、そんな人でもいざ転職となるとより良い条件の職場にと考えて、多くを取りたくなる人がいます。医師は人手不足な状況ではありますが、あまりに良い話が多い職場だと入職してから思わぬ落とし穴にはまることもあります。そのため、転職をする際には軸を決めておくことが重要です。

様々な価値観がある中で、重要度の高い順に並べてみましょう。そして重要度の高いものから3つ程度で定めると新たな職場も探しやすくなります。こうして価値観の優先順位を決めておくことで、自分の考えと異なった職場に入社する確率は低くなります。

②転職先の情報をできる限り収集しておく

地域によっては医師不足の場所もあり、転職のしやすさが異なってきます。そのため年収や休みなど良い情報の部分だけに食いつき、転職してしまうと後で、「こんなことを聞いていなかったのに」と後悔することもあります。

一つの条件にのみ注目せずに、他の労働環境や条件などをできる限り収集してから転職する方がいいです。しかし、一人ではネット検索や友人の話を聞くだけですべてを把握するのは難しいです。そのため少しでも多くの情報を収集するのに、エージェントに相談することで自分一人では収集できない情報を教えてもらうこともでき、職場を決めるときに比較して検討もしやすくなります。

このようにして情報を収集することでミスマッチを防いで転職活動をすることができます、

③転職エージェントを使う場合はできるだけ、対面で会うようにする

相談する際の方法は電話と対面のどちらも変わりがないと思っている人もいるかもしれません。

電話の場合は、ちょっとしたニュアンスが伝わりづらかったり、やり取りが事務的になりやすい傾向があります。一方で、対面では顔を合わせて話すため、話しているときの表情を含めて細かいニュアンスも伝わり、疑問なども質問がしやすいと思います。

みなさん経験があると思いますが、相手の顔が見える対面の方が様々な話をしやすいですよね?転職は人生の中で大きい決断でもあるため、悩むことも多いです。

そういった悩みも対面で話している時の方が話しやすく、良い転職活動を進めることができると思います。

④転職エージェントを使う場合は、できるだけ自分自身の考えをしっかり話すようにする。

転職は人生の中でも大きな転機となるため、考えることや悩むことも多くあります。また、初めての転職は不安もあり、一人ではどうしていけばいいかわからずに難しいことが多くあると思います。

転職エージェントを利用するメリットは、あなたの希望条件に合った求人を紹介して、その中であなたが興味を持った求人に応募していきます。

そのため、希望の条件を正直に伝えないと、自分に合った求人を見つけることの妨げになってしまい、魅力的な求人をみつけられなかったり、入職後に後悔してしまうなんてことも起こりえます。

自分自身の希望条件が難しいのでは…と思い込み、エージェントにすべてを伝えないということはしないようにしましょう。エージェントは転職のプロでもあるので、あなたの希望を全て伝えてから、条件の難しさなどを確認しつつ、話し合うことで決めていくほうがいいでしょう。

⑤転職エージェントには積極的に質問をして疑問を解消する

紹介された求人の面接を受ける中で会社の人に聞きづらい内容も一定あると思います。

よくわからないまま、曖昧に転職活動を進めてしまうことで入職した後に、あの時にしっかりと聞いてから決めればよかったと思うこともあります。

少しでもズレのない転職を成功させるために、転職エージェントに聞けることはしっかりと質問をして疑問をできる限り減らした状態で転職活動を進めることも重要です。

辞めたい、転職したいという体験談

ヤクマッチ医師に転職に相談をしてくる医師の方では、いろいろな理由を基に検討される方がいらっしゃいます。

そんな中で転職をしたいと考える方の中で話されることが多い転職検討理由を職場での体験エピソードも含めつつ、お伝えしてきたいと思います。

ぜひ、あなた自身も同様のケースになっているか、読みつつ考えてみてください。

①労働環境が過酷で生活とのバランスをとれない

日常の業務が忙しいだけではなく、休みの日のオンコール対応や当直での勤務が多く、疲労が解消されることがなく疲れが溜まっていく一方でした。このまま仕事を続けていたら、患者さんを見るどころか自分自身が体を壊して入院となるのではないかと思ってしまいました。

しかし、家を購入したばかりでローンの支払いが残っており、子どもの小学校進学などで今よりもお金のかかる状況のため、年収を下げたくないという思いもあり、転職をするか悩んでいました。

このままでは体を壊してしまい、仕事ができなくなると感じ、今より少しでもゆったりと働くことのできる職場に転職をしたいと思い、転職することを決意しました。

最初はどこの病院も似たような状況かと思って、少し諦めかけていましたが、実際に転職活動をしてみると様々な特徴の病院があることを知りました。

意を決して転職活動をしたことで、転職した先ではオンコールがほとんどなく、給料も前職と同格程度を維持した状態で転職することができました。今までは仕事で忙しく家族との団らんもあまりとれていませんでしたが、転職をして時間ができたおかげで家族との団らんも増えて、毎日充実した生活を送れるようになりました。

②現在のスキルと見合った給与をもらいたい

今までは仕事に熱中していたために、給料についてあまり考えることがなく、日々働いていました。

しかし、最近になって今の自分自身の経験と実績などを含めて友人などの話を聞いていると、現在もらっている給料が相場よりも少し低いなと感じるようになりました。お金に執着するわけではないですが、今まで一生懸命に働いてきた分、もう少し給料をもらいたいなと思うようになりました。

しかし、このまま勤務を続けていっても昇給に望みがないと思い、スキルに見合った年収をもらえる職場に転職をしようと思いました。

また、今の職場が片道で1時間以上かかっていたので、転職を機に家から近い職場にしたいとも思い、転職先を探しました。

実際に転職先を探していくと、今よりも高い年収の病院が多く、いかに低い金額だったと痛感をしました。

転職をしたことで、少しですが通勤時間も短くなり、私の経験の相場の給料間で働くことができる職場に勤めることができました。

③今よりもスキルアップをことができる職場で働きたい

現在勤めている病院が同じ地域でも拠点の病院の方ではなく、あまりオペの件数が多くありませんでした。

今まではあまりオペの経験を重視していませんでしたが、日々の診療や勉強をする上でオペをしていきたいと思いました。しかし、現在の病院ではオペがあまりできないため、他の病院に転職をするしかないと思い、転職を決意しました。

オペの件数があっても、望むような症例が少ない病院となると転職した意味がなくなってしまうため、専門医の取得なども気にして転職活動を進めるようにしました。

疑問に思ったことはエージェントの方に質問をして情報を収集していきました。そうしたことでオペにも多く関わることのできる病院に転職ができ、少しばかりですが給料も上げることができました。

④勤め先の職員の印象があまりよくなく、もっと働きやすい職場に転職したい

現在の勤め先が看護師や多職種との関係が悪かったり、医師同士でもあまり連携が取れないために、一日の業務の中でも嫌な思いをすることが多々あり、毎日が憂うつな状態で働いていました。このままでは心が病んでしまいそうと思ったため、少しでも雰囲気がよく連携を取りつつ働ける場所に転職をしたいと考えました。

年収や休みなどはあまりこだわりがなく、雰囲気と患者さんとの距離感を近く保てる職場で働きたいと思っていたため、それを重視して病院探しをしていきました。

転職をしたことで規模は小さくなり、珍しい症例などに関わる機会は減りましたが、多職種と関わりつつ、医師同士でも連携を取って働くことができるようになりました。

また、患者さんとの距離感も近く保つことができ、ゆっくりと診察もできるような環境で働くことができるようになりました。

転職する前は初めてのことでもあり、先行きが見えない不安が多くありましたが、今では充実した働き方を手に入れることができたので、転職をして良かったと思っています。

職場を転職するべきかどうかの判断軸3選

この記事をここまで読んできて、転職をするべきなのか自分が身を置いている環境はどうなのか疑問に思って悩んでいる方も多いと思います。

そんな方のために、これから示すような状況にいる方は転職することを少し前向きに検討してみてもいいかもしれません。そんな判断のポイントについて解説していきたいと思います。

①仕事の内容を適正に評価してくれていない

病院の経営上、忙しく働いていても給与や休みなどがあまりもらえないような状況もあります。

オンコールや当直など必死に働いて病院に貢献しているにも関わらず、そのことを評価してもらえず昇給もごくわずかというようなこともあります。この状況が続くことで働いていることの意義を感じられなくなったり、評価されていないのではないかと不安になってきます。

病院は数多くあるため、現在の自分自身のスキルに見合った給料をもらえる職場で働く方が病院への貢献度合いも実感しやすく、より仕事へのモチベーションも持ちやすくなると思います。

②自身のスキルが身につかないような業務ばかりしている

医師としての勤務年数や経験などを考慮すると、今よりもレベルの高い業務に携わったり、今後の医療の発展に貢献していきたいと感じることもあると思います。

そんな中で自分自身でなくてもできる仕事ばかりを扱ったり、数年も変わりのない仕事に携わることとなっているとスキルアップを図っていくことが難しくなります。

様々な経験や経験を持つ医師のほうが転職をする際にも有利に働きやすくなります。そうすることで、年収アップやより好条件な環境で働くためにも若いうちに自身のスキルを磨いておけるような職場環境を選択しておくことが重要になります。それに伴って、今後のキャリア選択をする上でも様々な選択をしやすくなります。

③本当に転職をすべきか考える

今の状況からすぐに逃げ出したい、少しでもいい条件で働きたいと目先のことだけに囚われて誤った選択をしてしまうこともあります。

転職をすると今よりも必ず条件の良い職場になる保証はありません。転職をしてみたら、前の職場よりも微妙だった、転職しないほうがよかったと思ってしまうケースもしばしばあります。

そして、また状況を抜け出すために転職…とずっと続いてしまい、経歴に傷がついてしまうこともあります。

そのため目先のことだけではなく、将来のことも見通して、本当に転職をすべきなのか、転職をしないほうがいいのではないかということも考えて活動を始めることも重要です。

また、転職を考える方の中には、思っているように仕事ができないために、辞める方がいます。

頭の中では考えて理解をしていても、いざ行動に移すと緊張もしてしまい、上手くできないことがあります。特に若手のうちは学ぶことや初めてのことも多いため、すぐに全てのことが難なくこなせるという人は少ないものです。こういった時にはすぐに転職を考えず、先輩や同期に一度相談してみるといいでしょう。相談することで自分自身では気づけなかったことや、新たな発見を得ることができ、一つずつできることが増えていくようになります。

転職する際に、選ぶべき職場のポイント

では、いざ転職をしようという時に新たな職場を探すと思います。そんな時に自分自身の希望条件以外に、どういったポイントをもとに職場選びをしていけばいいか、悩むこともあると思います。

そんな悩みを持っている方に向けて、職場を選んでいくときに見ておくべきポイントや気を付けておくべきポイントについて、解説を付けてお伝えしていこうと思います。

①職場の環境がしっかり整っているか

病院では検査機器や手術設備など様々な機材を用いて診断をしたり、治療をしています。そんな中で医療資源の設備が不十分な環境下だと、適切な医療を施せなかったり、自身のスキルアップの阻害要素にもなります。

また、設備が充実している方が難しい症例などにも関われる機会もあるため、勉強にもなるような職場になります。他にも多職種との連携や病院の立地なども様々環境が揃っているほうが働きやすくなります。

転職をして新たな職場で働くのであれば、自分自身が実現したい医療を施す設備や環境が整っていた方がより納得して満足のいく働き方を実現できるようになると思います。

また、設備面以外にも看護師や薬剤師などの多職種の人員配置の状況や連携の具合なども把握しておけると働くときのイメージも持ちやすくなると思います。

患者さんの治療をする上では多職種との関わりは必須となってくるため、こういった情報も知っておけるとより良い転職を実現できると思います。

②通勤時間が許容の範囲を超えていないか

日々の通勤時間は思っているよりも心身への負担となります。

通勤時間で片道90分程度かかると、往復で3時間になります。通勤手段は電車や車など様々ありますが、時間が長いと大変なことに変わりはありません。

また、医師の場合はオンコールなどの緊急の呼び出しに対応したり、当直で勤務するなど時間が変則的になりやすいため、その度に通勤に時間がかかると負担がより増えてしまいます。

また、都心の電車通勤は満員電車もあり、座ることができないとすし詰め状態で長い時間、電車に乗り続けなくてはいけません。そうすると通勤をするだけで仕事前に疲れてしまい、一日も嫌な始まり方となってしまいます。

必ずしも通勤時間が短いことがいいとは限りませんが、通勤時間が短くなれば、自分自身の自由な時間が増えるので自己研鑽の時間にあてたり、ゆっくり休んだりなど様々なことに使うことができ、充実した日々を送ることができるようになります。

こういった点は意外に見落としがちな方が多いので、一度考えてみてもいいと思います。

③自分自身が成長できる環境であるか。

転職を考える理由は人によって様々あると思います。

昨今、医療業界は変化が大きく、診療報酬の改定などに伴って、病院に求められる機能や役割が変わっていきます。そんな中で求めに応じた変化を遂げていける病院で働いた方が様々な医療へ貢献していけるようになります。

また、常に医療の情報は更新されるため、学会への参加の支援や、新たな知識や経験を身に付けることができるほうが自身のスキルアップもできるようになります。そのため、自分自身の思い描く将来像と照らし合わせて、様々なことにチャレンジできる職場を探していくことがいいと思います。

④現職までの経験を活かすことができる職場か。

転職を機に、新たな環境に身を置いて今までとは違った経験に挑戦することもいい考えではあります。

しかし、今までに培った経験やスキルを全く使わない分野というのも少し考えたほうがいいかもしれません。

専門外来や外来、往診、病棟管理や手術など今まで積んできた経験の中で、伸ばしていきたい分野に注力していくことがいいと思います。

そのため、このような自身の経験や強みを活かしつつ、新たな経験もできる職場を選ぶことも検討しても良いと思います。

ただ、全く違う分野がダメというわけでもなく、自分自身が描く将来像を満たす上で経験をしておくべき必要があれば、そういった理由で新たな環境への転職を考えてもいいかもしれません。

転職を決めた際に勝ち抜くためのポイント

①転職に有利な時期を選択する

・多くの求人が出やすいタイミングを狙う

転職するタイミングとしては、様々な企業が求人を出している時期が絶好の機会になります。

冬ボーナスが支給されてから新年度に入るまでの1~3月が医師の募集も増えるので、選択肢が多いほうが自分に合った求人と出会える確率も上がるようになります。

一方で同じことを考える方もいるため、選考でのライバルが多くなります。そんな中で面接に合格するためにもしっかりと転職の準備をして面接に臨む必要があります。

面接の対策は一人でするのは難しい部分もあるので、エージェントの方に履歴書の添削や面接対策など一つずつ相談をして進めていくのも手段の一つにはなります。

・転職を考える人が少ないタイミング

7月や1月頃はボーナスが支給された後のタイミングになるため、転職を希望して動き始める人が多いです。

転職希望者が多いと他の人と志望する会社が重なる確率も高くなり、他の転職者で埋まってしまうこともあります。しかし、8月~12月にかけては転職を希望する人が比較的多くない時期でもあります。

そのため、ボーナス後に比べると求人の数は少し見劣りしますが、転職を希望する人が少ないタイミングの方がゆっくりと時間をかけて比較検討して職場を選ぶこともできるので、納得した転職をしやすくなります。

②面接を受ける際に注意しておくべきこと

・服装を含めた全体の清潔感に気を付けて、第一印象を良くしましょう。

面接では、まず初めに目にするのが面接を受けに来た方の服装を含めた身なりです。

面接に行く際に、ワイシャツにシワがある、スーツがよれている、髪がボサボサになっているとダラしないと思われ清潔感がないと思われることもあります。男性の場合は、ヒゲも剃ってから面接を受けたほうが相手にも与える印象がよくなります。

そのため、面接の前にはシャツにアイロンをかけたり、クリーニングに出すなどして準備をしておきましょう。

身なりに関しては、十分に気を付けておいた方が相手への印象も良くなります。

・喋る時はハキハキと喋るようにしましょう。

面接では、相手へより良い印象を持ってもらう事が重要です。

質問に答える際に、相手に聞こえにくい声の大きさだと元気のない人という印象を与えてしまい、微妙な印象を持たれることがあります。また、患者さんの対応では明るさや元気の良さも必要です。

ハキハキと喋ることに気を付けると声も大きくなり、元気と自信のある医師だと患者さんに思ってもらえるようになります。そうすることで患者さんも安心して、医師であるあなたのことを信頼しやすくなります。

面接では、採用担当者もこういった点も見ているので、ハキハキと相手の聞き取りやすさを意識して喋るようにしましょう。

・話している時の表情もしっかりみられています

万全の準備をしていっても緊張してガチガチになってしまいます。その結果、表情が硬くなってしまい、不愛想、少し怖いなどの悪い印象を与えてしまうこともあります。こちらが緊張をしすぎていると相手も構えてしまったり、本来の自分らしさを出すことができす、採用担当者にアピールが十分にできなくなっていまいます。

できるだけリラックスをして自然な表情で笑顔なども出しつつ話せるように意識しておきましょう。

③転職を経験してきた回数

転職の経験回数はできれば少ない方が望ましいです。

転職をする際の理由には結婚や出産、転勤など様々あると思います。回数の目安としては、20代で0~1回、30代で2~3回程度が望ましいとされています

転職の回数が多いと、採用してからもこの人はすぐに退職してしまうのではないかと、採用担当者も不安を感じてしまうことが多く採用を見送るケースも多いようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「医師 転職」という人生の重要な選択において、少しでも役に立つ情報をお伝えさせていただきました。

転職を考える方は「今の職場を早く辞めたい」「前の転職では失敗してしまった」と後悔したり、悩んでいる方も多くいます。

この記事で医師の皆様に最もお伝えしたいアドバイスは次の2つになります。

  • ・「職場を転職するべきかどうかの判断軸」
  • ・「転職する際に選ぶべき職場のポイント」

これらを考えておくだけでもこれからの転職活動は進み方が異なってくると思います。

「ヤクマッチ医師」は、社内に医療系の資格を保有したコンサルタントが多数在籍しています。

医療業界に関する専門的な知識や状況、同じ医療従事者だからこそ分かることなど、医師の皆様の気持ちに寄り添って的確なアドバイスをできるのがヤクマッチ医師の強みです。

当社は一人ひとりの思いをしっかりくみ取りつつ、精度の高いマッチングを実現しています。

どなたでも相談だけでもしたいという方は、ぜひヤクマッチ医師に無料登録をしていただければと思います。

キャリアアドバイザー 秋葉